story FX、マージンコールとは

その為行われるのが、マージンコールです。つまり、証拠金が現在の取引上で発生した損失を差し引き、一定水準まで元本割れしている状態になると発生します。例えば、必要証拠金10万円でレバレッジ10倍で100万円の取引をしたとします。取引開始時1ドル100円の商品が98円に値下がりました。ここでの損失は3万円で、証拠金維持率は80%です。更に95円に値下がりした場合、損失は5万円、証拠金維持率は50%となり、マージンコールが発生します。つまり、「このままいったら破産するぞ、なんとかしろ」というお知らせなのです。証拠金維持率何%で発生するかは取引業者によりますが、マージンコールは50%、ロスカットは30%が多いです。ちなみに、このお知らせは基本がメール通知です。相場が急転し夜中にメールが届く、なんてことも多いのでご注意ください。日本では深夜の市場の方が活発ですからね。また、マージンコールはお知らせだけで強制権はありません。投資家に対する注意喚起なのです。ロスカットまで粘るか、損失を確定させるかは自己判断です。ですが、「ロスカット強制決済をいきなり」よりはまだ冷静に考えられるでしょう。皆さんも、マージンコールがかかったら自己判断で取引を行ってください。マージンコール前に損切を行うのも、一手段です。悩みながら頑張りましょう。

浮気調査

大宮 エステ

インプラント 実績

立川 不動産

バックアップソフト フリー

リンク